生産性向上支援訓練のご案内|YIC京都の社会人講座

YIC京都の生産性向上支援訓練のご案内|YIC京都の社会人講座


生産性向上支援訓練について

生産性向上支援訓練とは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)が企業や事業主団体の生産管理、IoT・クラウド活用、組織マネジメント、マーケティングなどあらゆる産業分野の生産性を向上させるために必要な知識などを習得する職業訓練です。
生産性向上支援訓練は全国のポリテクセンターなどに設置した生産性向上人材育成支援センター(以後、生産性センター)が、個別企業の課題に合わせてカリキュラムをカスタマイズして訓練コースを設定し、専門的な知見やノウハウを持つ民間機関等と連携して実施しています。


生産性向上支援訓練の概要

(1)対象者
在職者の方を対象としています。
(注)事業主からの受講指示を受けた方に限ります。

(2)訓練実施場所
ご要望にあわせて、自社会議室等やポリテクセンターの教室等で実施します。

(3)訓練時間
6時間から30時間の範囲内で実施します。座学と演習を組み合わせて訓練を実施します。

(4)訓練内容
幅広い職務階層の方を対象に、様々な課題の解決や現場力の強化を支援するカリキュラムを提案。
支援カリキュラムのテーマには、「生産管理」「品質管理」「原価管理・コスト削減」「流通・物流システム」「クラウド活用によるデータ管理・分析」「マーケティング」等があります。

(5)受講料
訓練時間数に応じて、受講者1人あたり3,300円~6,600円(税込)です。
訓練時間 6時間から11時間の訓練コースの場合:受講者1人当たり3,300円(税込)
訓練時間12時間から18時間の訓練コースの場合:受講者1人当たり5,500円(税込)
訓練時間19時間から30時間の訓練コースの場合:受講者1人当たり6,600円(税込)

(6)訓練の実施
専門的な知見やノウハウを有し、訓練の適切な実施が可能な民間機関等に委託して実施します。


生産性向上支援訓練ご利用の流れ

1)課題や方策の整理:センター担当者が企業を訪問し、人財育成に関する課題や方策を整理します。
2)訓練コースのコーディネート:相談内容を踏まえて、課題やニーズに応じた訓練コースを提案します。
3)訓練の受講:所定の期日までに受講料の支払いなどの手続きを行い、訓練を受講していただきます。
なお、受講料の支払いについては生産性センターが振込口座をご案内しますので、所定の期日までに受講料をお振り込みいただきます。


生産性向上支援訓練の種類

・生産性向上支援訓練のご案内
中小企業などの幅広い職務階層の方々を対象に、「生産管理」、「品質管理」、「原価管理・コスト削減」、「マーケティング」など、生産性向上に資するさまざまなカリキュラムを基に、企業が抱える課題やニーズに応じてオーダーメイドで訓練コースを設定いたします。
詳しくはこちら
生産性向上支援訓練のご案内(PDF889KB)
ポリテクセンター京都の生産性向上支援訓練窓口
TEL 075-951-7434
FAX 075-951-7393
E-mail kyoto-seisan@jeed.or.jp


・IT活用力セミナーのご案内
IT活用力セミナーとは、IT新技術の理解、表計算などのITスキル、情報セキュリティなど、”IT理解・活用力”の向上に効果的なカリキュラムにより、企業がIT技術の進展に対応するために必要な知識などを習得する職業訓練です。
詳しくはこちら
IT活用力セミナーのご案内(PDF939KB)
ポリテクセンター京都のIT活用力セミナー窓口
TEL 075-951-7434
FAX 075-951-7393
E-mail kyoto-seisan@jeed.or.jp


ポリテクセンター京都の事業主の方を対象とした各種支援のご案内ページ

 

関連リンク

MENU