教育理念

グループ教育理念

専門知識を教授するとともに、専門職者にふさわしい心を涵養し、地域社会の発展・向上に貢献できる人材を養成する。

グループ教育方針(校訓)

precepts

人間は清新はつらつとして希望に燃えている時に、自らを厳しく鍛えることにより、すばらしい人間となる。また、どんなに優れた才能をもっていても、修養を積まなければ、その優れた才能を十分に発揮することはできない。学生が自らのもつ大きな可能性を信じ、可能性の実現に向けて果敢に挑戦することを期待し、「学校は、学生が心身を琢磨する道場である」として、校訓を「鍛え磨く」とする。

 

日本語学院教育目標

トップページへ